「なにか強みになる資格が欲しい」

「転職を考えている」

「将来独立したい」

「安定した職業につきたい」

理由は様々ですが、多くの人は就職活動や転職活動に伴って資格を取ることを考えるでしょう。そんなときにオススメなのは公認会計士の資格です。医師、弁護士の資格とならんで三大国家資格と称される公認会計士。これまで、受験したいなら勉強に専念するべき、と言われてきた公認会計士の資格ですが、2006年の試験制度改正によって、働きながらでも合格を目指せるような試験になりました。

■試験内容
公認会計士になるためには、いくつかのステップがある。まず、「短答式試験」に合格すること。こちらは、公認会計士になるに当たって、必要になる専門知識が身に付いているかを確認する試験です。その試験に合格することができれば、「論文式試験」を受けることができます。

こちらは、基本的な知識が身に付いていることを前提に、知識を利用して判断する力や知識を応用する力があるかどうかを見る試験です。2つの試験に合格した後、実務経験を積むことで、初めて公認会計士として登録されます。

■一部科目合格
国家資格の試験ですから、当然難しいです。短答式試験には合格したけど、論文式試験が合格しなかったという人は、2年間は、短答式試験を免除されます。また、論文式試験のなかでも、一部科目合格制度があり、合格した一部科目については2年間試験を免除されるのです。

免除があれば、勉強範囲を絞ることができるので、働きながらでも勉強することができます。

■まとめ
公認会計士の試験は、試験制度が改正されてから、働きながらでも取得を目指すことができるような試験になりました。効率よく勉強して、合格を目指しましょう。